KIRA KARACHO[雲母唐長]について

文様のある暮らし、文様を贈るということ

KIRA KARACHOは、文様と色の世界を通じて人々の暮らしを豊かにしたい。との思いから生まれたブランドで、さまざまなライフスタイル提案をしてゆきます。寛永元年1624 年創業。江戸時代から続いてきた日本唯一の唐紙屋「唐長」11代目長女の千田愛子が江戸時代から先祖代々伝わる板木の中から彼女が選んだ文様と色の世界を表現しています。

世界を巡ってきた文様は、KIRA KARACHOを通じて世界を旅し続けます。ペーパーアイテムはもちろんのこと、布や革やガラスや磁器…さまざまなアイテムにプリントなどの表現をしています。バッグやポーチ、チャーム、ハンカチやスカーフにストールなど…文様の意味や物語とともに、心をそえて贈る。普段使いできる伝統の美が、人の暮らしをとっておきにしてくれることでしょう。

[雲母唐長]KIRA KARACHO ロゴ

ロゴは、幸せを届ける天使をイメージして作成しました。まんなかの瓢箪は江戸時代から代々つかってきた唐長の落款、左右に天平大雲の文様を加えまるで浮遊感あるロゴにしました。大切な人に贈りものをする際には、心を添えて贈ります。その心を届けるのが幸せの天使であり、KIRA KARACHOでありたいとの願いから考えました。また、十字のカタチもひそませています。十字は、祈りの象徴でもありますが、交わりを表します。西と東…過去と未来…天と地…人と人が交わるところにKIRA KARACHO との願いをこめています。