雲母唐長について

文様のある暮らし、文様を贈るということ

雲母唐長は、寛永元年(1624)に京都で創業した約400年続く日本唯一の唐紙屋を継承。
唐紙師トトアキヒコと創業家の千田愛子が京都・嵯峨の地にて唐長を受け継ぎ、伝統的な襖や壁紙をはじめ、神社仏閣などの文化財修復から唐紙アート作品まで、多種多様な唐紙の美を広く世界に伝えています。 同時に、和紙以外の異素材や他者とコラボレーションしたプロダクトを発表するなど、文様と色の美を通じて人々の暮らしを豊かにしたいとの思いをこめたモノづくりをしています。 その活動分野は多岐に渡り、ファブリックや革など生地の開発や、文様ステンドガラス、文様タイル、家具や照明器具などインテリア全般のコーディネート、そしてファッションやジュエリー、食器や器、食の業界ともコラボレーションを行うなど、ライフスタイルブランドとして進化を続けています。また、雲母唐長は、長い唐紙の歴史において初めて美術(アート)として作品を発表し、伝統的な唐紙に新しい道を切り拓きました。

雲母唐長(KIRA KARACHO) ロゴ

ロゴは、幸せを届ける天使をイメージして作成しました。まんなかの瓢箪は江戸時代から代々つかってきた唐長の落款、左右に天平大雲の文様を加えまるで浮遊感あるロゴにしました。大切な人に贈りものをする際には、心を添えて贈ります。その心を届けるのが幸せの天使であり、雲母唐長でありたいとの願いから考えました。また、十字のカタチもひそませています。十字は、祈りの象徴でもありますが、交わりを表します。西と東…過去と未来…天と地…人と人が交わるところに雲母唐長との願いをこめています。

雲母唐長 公式サイトはこちら